くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

高血圧

『高血圧』

血圧とは、血管の中を血液が流れる際に血管の壁にかかる圧力のことです。健康な人の血圧は、収縮期血圧(心臓が縮んで血液を送り出したときの血圧。最大血圧)が140mmHg未満、拡張期血圧(心臓が拡張したときの血圧。最小血圧)が90mmHg未満です。このいずれかが上回っている状態が、高血圧です。

高血圧には、ホルモン異常などの何らかの原因で起こる二次性高血圧と、原因がはっきりしない本態性高血圧があります。ほとんどが本態性高血圧といわれていますが、高血圧の種類によって治療は異なりますので、両者を鑑別することは重要です。
 本態性高血圧は、もともと高血圧になりやすい体質や、塩分の摂り過ぎ、肥満、過度の飲酒、運動不足、ストレス、タバコなどが原因で発症すると考えられています。そのため、生活習慣の改善は非常に大事です。
くろだ内科クリニック
二次性高血圧は、原因を取り除けば血圧が下がります。
 高血圧自体は、症状を起こすことは少ないのであまり重要に考えられないかもしれません。しかし、高血圧は動脈硬化の危険因子のひとつで、動脈硬化が関与する病気(脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など)を引き起こします。そのため、動脈硬化を進行させないために血圧管理は重要なのです。

 当院では、できるだけ二次性高血圧のスクリーニング検査を行い、二次性高血圧の可能性があるかどうかをチェックします。そのスクリーニング検査で異常が疑われた場合は、更なる精査のために対応が可能な病院へご紹介いたします。スクリーニング検査で異常がなければ、本態性高血圧として治療を始めさせていただき、生活習慣の見直しや内服薬治療の検討を行います。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック