くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

脂質異常症(高脂血症)

『脂質異常症(高脂血症)』

血中のコレステロールや中性脂肪が増加する状態を高脂血症といいます。コレステロールにはLDLコレステロールという悪玉のコレステロールとHDLコレステロールという善玉のコレステロールがあります。善玉のHDLコレステロールは少ない方(低HDLコレステロール血症)が動脈硬化を起こしやすいので、高脂血症という病名は不適切ではないかと以前からいわれていました。そこで、日本動脈硬化学会では2007年から低HDLコレステロール血症を含めた血中脂質の異常を、脂質異常症と変更しました。
くろだ内科クリニック
脂質異常症は、症状を起こすことは少ないので、あまり重要に考えられないかもしれません。しかし、脂質異常症は動脈硬化の危険因子のひとつで、動脈硬化が関与する病気(脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など)を引き起こすので、その事が問題になります。そのため、動脈硬化を進行させないために、脂質異常の管理は重要なのです。定期的な健診で脂質異常があるかどうかを確認することも重要です。健診で脂質異常を指摘された場合は、医療機関で管理を受ける必要があります。

 脂質異常症に対し、生活習慣の見直しや内服薬治療が行われます。
当院では、生活習慣の見直しや内服薬治療の検討を行います。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック