くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

糖尿病

『糖尿病』

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。健康であれば、食後に一時的に血液中のブドウ糖が増えますが、膵臓から出ているインスリンというホルモンによってブドウ糖を体内に取り込み、体内に蓄え、エネルギー源として使うことができる状態にします。

くろだ内科クリニック
このインスリンの働きによって、血糖値は一定の範囲内におさまっています。しかし、糖尿病患者さんは、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなって、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。そして血糖値が高い状態(高血糖)が長く続くと、さまざまな合併症を引き起こします。

 糖尿病は動脈硬化の危険因子のひとつで、動脈硬化と関連した大血管障害(脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など)を引き起こします。その他に、糖尿病特有の細小血管の障害(糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害)を引き起こします。それらの合併症が問題になります。そのため、糖尿病管理は重要なのです。

 血糖値が高い状態が続くと、多尿、口渇、多飲、体重減少、疲れなどの症状があらわれます。しかし、軽症の糖尿病の場合、症状がみられないことも多いです。そのため、定期的な健診で血糖値が高いかどうかを確認することも重要になります。

 糖尿病の治療は、食事療法、運動療法、内服薬治療、インスリン治療などが行われます。

 健診などで高血糖を指摘され来院された場合は、まず糖尿病かどうかを判断いたします。必要であれば、ブドウ糖負荷試験という検査を行い診断いたします。糖尿病と診断した結果、血糖値が非常に高くて危険な時などには、入院してインスリン治療を行った方がよい場合がありますので、その時は対処可能な病院へご紹介いたします。そこまで状態が悪くはない場合は、当院で生活習慣の見直しや運動療法、内服薬治療などを行います。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック