くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

熱中症

『熱中症について』

人間の体温は脳の視床下部によってコントロールされています。気温が高くなると、末梢血管を拡張させることにより皮膚から熱を放出したり、汗をかき汗の蒸発に伴って熱が奪われます。汗によって体から水分や塩分が失われ、熱の産生と熱の放出のバランスが崩れると熱中症が引き起こされます。
くろだ内科クリニック 診療案内
熱中症を引き起こす条件として環境要因と体の要因があります。高温、多湿、風が弱いなどの環境では体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となります。激しい労働や運動は体内に著しい熱が産生され、また、暑い環境に体が充分に対応できていない状態では体内に熱がたまることになります。

熱中症は急に暑くなったときに注意が必要です。急に暑くなった時には運動を軽減し、暑さに慣れるまでの数日間は軽い運動から徐々に増やすようにします。暑い時の作業や運動は要注意で、休息や水分補給の計画が必要です。汗からは水分と同時に塩分も失われるため、水分補給にはスポーツドリンクなどを利用するとよいです。水分がうまくとれなかったり症状が改善しなければ、点滴などの処置が必要であるため、医療機関の受診をお勧めします。

熱中症の軽い症状としてはめまい、立ちくらみ、こむら返り、手足のしびれなどがあります。症状が進むと、頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、力が入らないなどの症状が起こり、これらの症状が出た場合は、医療機関の受診をお勧めします。更に症状が進むと、けいれん、意識障害、肝臓・腎臓等内臓の障害、血液凝固障害などが起こり、極めて危険な状態になります。そのような危険な状態になった場合、入院治療が必要になります。

 当院では軽い熱中症患者さんに対しては、点滴治療が可能です。症状が重い患者さんに対しては入院治療が可能な病院へ御紹介させていただきます。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック