くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

経鼻内視鏡検査・大腸内視鏡検査

経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

できる限り苦痛が少ないような検査を心がけております。食道、胃、十二指腸の病気の発見のために行います。
くろだ内科クリニック 診療案内02
当院では鼻から挿入ができる細目(太さ6㎜弱)の胃カメラを使用しております。胃カメラを口から挿入する際に、舌の奥に胃カメラが触れる際に吐き気を催す事があります。鼻から胃カメラを挿入すると、舌の奥を触れずに挿入できるので、吐き気を軽くすることができます。鼻から挿入した場合は、会話しながら検査を受けることができるのでその事も安心感につながっているようです。鼻の中が狭い方に無理に胃カメラを挿入しようとすると鼻の痛みや鼻血の原因になるため、その場合は口から挿入します。

 胃カメラでは直接病変を観察できるので、食道癌、胃癌、胃十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎などを発見することができます。胃癌や食道癌も早期に発見できれば治療で治すこともできます。

 当院では、基本的には、鼻から挿入して狭くて入りにくければ口から挿入する、というスタイルで行っておりますが、口からを希望される場合は口からの挿入を選択しております。
くろだ内科クリニック 胃カメラ・大腸カメラ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

できる限り苦痛が少ないような検査を心がけております。下剤で大腸をきれいにしてから検査を行います。
便潜血陽性、血便、便通異常などの大腸の病気が疑われた場合に大腸カメラの適応となります

便潜血検査が1回でも陽性だった場合は、大腸内視鏡検査で直接大腸を調べることが勧められます。小さな癌では便潜血検査にひっかからないものがあるため、いつかは大腸内視鏡検査を受けた方がよいという考え方もあります。いつ受けるかという事に関しては、40歳以上や50歳以上という考えがあるようです。


くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック