くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態です。胸やけや呑酸(酸っぱい液体が口まで上がってくる感じ)などの逆流症状を来たします。

食道の炎症は内視鏡検査で観察することができます。しかし、内視鏡検査では明らかな食道炎を認めないのに逆流症状を示す患者さん(非びらん性胃食道逆流症)もいらっしゃいます。
くろだ内科クリニック 診療案内
食道と胃の境の緩み、食べ過ぎ、胃酸分泌の増加させる食品(アルコール、高蛋白食、高脂肪食、コーヒー)、肥満などによる腹圧の上昇などが原因となります。

 食生活の改善、内服薬治療などが行われます。
 当院に逆流性食道炎を疑うような症状で来院された場合は、できるだけ内視鏡検査を行い、食道炎の有無を確認し内服薬治療などを行います。見た目で食道炎が見られなかった場合は、非びらん性胃食道逆流症や機能性胃腸症などの可能性も考え治療を検討します。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック