くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

慢性胃炎・機能性胃腸症

『慢性胃炎』

慢性胃炎は慢性的に胃に炎症を起こす病気です。慢性胃炎は胃カメラで診断される病気です。慢性胃炎の原因のほとんどがヘリコバクター・ピロリ菌といわれています。ヘリコバクター・ピロリ菌感染症による慢性胃炎は、胃もたれ、胃部不快感などの症状が出ることもありますが、症状がないこともあります。検査で異常がなく、症状のみある場合は、機能性胃腸症とよばれます。
くろだ内科クリニック
若い頃にヘリコバクター・ピロリー菌に感染した場合、年がたつにつれ胃の炎症が徐々に広がり、慢性胃炎になります。ヘリコバクター・ピロリ菌に感染した慢性胃炎は胃十二指腸潰瘍や胃ポリープや胃癌の原因にもなります。ヘリコバクター・ピロリー菌の除菌治療を行うことによって、胃の粘膜の炎症が少しずつ軽くなり、胃癌のリスクも低くなるといわれています。そのため、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染した慢性胃炎に対しては、症状がなくても、除菌治療が勧められています。

症状がある場合は、除菌治療の他に内服薬による調整が行われます。除菌治療が成功しても、慢性炎症が強い場合は、胃の粘膜の炎症がとれるのに時間がかかり、除菌後にも胃癌が発生することがあります。そのため、除菌治療後も、定期的な胃カメラ検査をお勧めします。

 当院でヘリコバクター・ピロリ菌感染症による慢性胃炎が診断された場合は、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療を行い、症状が残る場合は、内服薬で調整します。

『機能性胃腸症』

内視鏡検査などの検査を行っても潰瘍、癌などの器質的異常がないにもかかわらず、消化器症状を訴えるものを機能性消化管障害といいます。機能性消化管障害には機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)と過敏性腸症候群があります。上部消化管に関するものが機能性胃腸症で、下部消化管に関するものが過敏性腸症候群です。

くろだ内科クリニック 診療案内
胸やけ症状などがあり胃酸の逆流が原因と考えられる場合は、胃食道逆流症とし、機能性胃腸症とは区別をしますが、この区別は難しい場合があります。ストレス社会が高度なほど機能性胃腸症の患者は多くなるといわれています。原因は、胃運動機能異常、胃酸分泌異常、内臓知覚過敏、心理的要因など様々なものが関与しています。治療は内服薬による症状のコントロールです。

当院では必要に応じて胃カメラや超音波検査や採血などをさせていただき、異常がない場合に機能性胃腸症かどうか検討します。機能性胃腸症が疑われたら、内服薬で調整します。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック