くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

潰瘍とは粘膜が欠損した状態のことです。胃にできた潰瘍を胃潰瘍、十二指腸にできた潰瘍を十二指腸潰瘍と呼びます。原因としてヘリコバクター・ピロリー菌感染、薬剤、ストレスなどがあります。胃潰瘍と十二指腸潰瘍は再発しやすい病気ですが、ヘリコバクター・ピロリー菌感染が関与する場合に、除菌に成功すると再発率が低くなります。
くろだ内科クリニック 診療案内
症状は、心窩部痛、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、食欲不振、胸やけ、吐血、下血(黒色っぽいことが多い)などがあります。

 胃X線検査や内視鏡検査で診断されます。潰瘍が発見された場合、ヘリコバクター・ピロリ菌の検査も行われます。
 治療としては、出血に対する治療(内視鏡的治療,手術)、ヘリコバクター・ピロリ菌に対する治療(除菌治療)、潰瘍に対する治療(内服薬)などがあります。出血のため、内視鏡的治療や手術が必要な場合は、入院治療が必要になります。

 当院を受診していただいた際、吐血など出血している可能性がある場合は処置が可能な救急病院へ御紹介いたします。出血がなさそうな安定した場合は内視鏡検査をします。潰瘍が発見された場合は、ヘリコバクター・ピロリ菌検査も行い、陽性であれば除菌治療も行います。それに加え、潰瘍に対する内服治療を行います。


くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック