くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

吐血・下血

吐血は、消化管から出た血を口から吐き出すことです。気管支や肺から血が出た場合は、喀血といって、吐血とは区別されます。

下血は、消化管から出た血が肛門から排出することです。

吐血は上部消化管(口に近い消化管で食道、胃、十二指腸を指す)からの出血が原因になります。下血は口から肛門にいたるすべての消化管からの出血が原因になります。
くろだ内科クリニック 診療案内
下血の色は、黒色っぽいものと赤色っぽいものがあります。黒色っぽい便の場合は上部消化管からの出血を疑い、赤色っぽい便の場合は下部消化管(肛門に近い消化管で、大腸などを指す)からの出血を疑うといわれています。しかし、上部消化管からの出血でも、出血量が非常に多い場合には赤色っぽい便になることもあります。

 消化管の粘膜に顔を出している病気が出血を起こします。食道静脈瘤破裂、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、大腸憩室、大腸癌、痔などいろいろな病気が原因になります。

 吐血や下血で短期間に大量に出血すると、急に血圧が低下し、非常に危険な状態になります。急激な血圧低下の症状としては、立ちくらみ、ふらつき、意識低下、顔色不良、冷や汗などがあります。

 吐血・下血の治療としては、出血量が多く、血圧が低下しているものに対しては、点滴や輸血などで状態を安定させる必要があります。病変部から出血している場合は出血を止める治療が行われます。主に内視鏡で出血を止める治療が行われます。そして、出血の原因となっている病気によって、それぞれの治療が行われます。

 当院では、緊急性があると判断した場合は点滴を行いすぐに対処可能な病院へご紹介します。状態が安定し緊急性がなさそうな場合は、当院で内視鏡検査などを検討します。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック