くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

脂肪肝

脂肪肝は、肝細胞内に過剰な脂肪が沈着するものです。原因として、アルコール、肥満、糖尿病などがあり、症状は出にくいです。

肝機能障害の指標であるASTやALTの上昇は軽度に留まるものも多く、ほとんど正常値のこともあります。
くろだ内科クリニック
メタボリックシンドロームなど肥満者の増加に伴い、脂肪肝が増加しているようです。以前は肥満による脂肪肝は肝硬変や肝癌へは進行しないとされていました。

しかし、そのような脂肪肝の中にも炎症と線維化が進行し肝硬変や肝癌にいたるなど致命的な病気に進行するものが出てきました。それは、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と呼ばれ、脂肪肝も軽く考えられなくなりました。

肥満による脂肪肝に対しては、体重コントロール、食事の見直し、運動などが行われます。
アルコールによるものに対しては、禁酒が中心になります。

当院では血液検査や腹部超音波検査などで脂肪肝を診断し、生活指導、食事指導などを中心に行います。
 
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック