くろだ内科クリニック|内科・消化器内科 胃大腸内視鏡検査

くろだ内科クリニック

腹痛

腹部には消化器系の臓器(胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、膵臓)の他に、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺(男性)、子宮(女性)、卵巣(女性)、大動脈などがあります。
くろだ内科クリニック 診療案内02
いずれの臓器に器質的異常(形態上の異常、損傷)があっても腹痛の原因になります。器質的異常をきたす原因としては、炎症(胃炎、腸炎、虫垂炎、肝炎、胆のう炎、膵炎、腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎など)、潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎など)、癌(胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆のう癌、膵臓癌、腎臓癌、膀胱癌など)、結石(胆石症、尿管結石)、腸管の閉塞(腸閉塞)などがあります。

消化管の潰瘍や虫垂炎、腸閉塞などが原因で消化管穿孔(消化管に穴があくこと)を起こすと、消化管の内容物が腹腔内にもれ腹膜炎を合併します。

各々の臓器は複雑に重なりながら腹部に収まっているため、腹部が痛いといってもいろいろな原因がありえます。「胃が痛い」という場合、上腹部痛(みぞおちの痛み)を示しているものと思われますが、胃以外に胆のうや膵臓など他の原因も考えられるのです。上腹部痛では、腹部にはない心臓(心筋梗塞など)や肺(肺炎、胸膜炎など)なども原因になりえます。

腹痛の中には、緊急入院を要する病気や手術を要する病気もあります。
器質的異常がないにもかかわらず消化器症状を訴えるものを機能性消化管障害といいますが、上腹部痛を訴えるものは機能性胃腸症(機能性デイスペプシア)の可能性があります。下腹部の痛みに便通異常(便秘や下痢)を伴うものは過敏性腸症候群の可能性があります。

当院に腹痛で来院された場合、必要に応じて検査(採血、超音波検査、レントゲン検査、内視鏡検査など)を行います。当院で治療可能なものは治療を開始し、専門病院での治療が必要なものや緊急入院を要する場合は、対処可能な病院へご紹介いたします。
くろだ内科クリニックへお気軽にお問い合わせください。
お問合せはTEL: 042-386-7288
くろだ内科クリニック